MieMa

三重県民のための地域情報発信サイト・地元の旬なコンテンツを毎日お届け

伊勢志摩サミットのロゴマーク決定!高校3年の宇津宮志歩(うつみやしほ)さんがデザイン

   

ニュース 生活・地域 発表・告知

スポンサーリンク

出典 www.asahi.com

ジョニー
どうも、ジョニー(@creatorcheck)です。

今年5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)で使われるロゴマークが決定しました!

 ロゴマークをデザインしたのは、大分県立鶴崎工業高校3年の宇津宮志歩(うつみやしほ)さん(18)。日の丸をイメージした赤い丸を中央にあしらい、サミット参加予定の7カ国を表す7枚の桜の花びらで囲んだ。背景の青色は、伊勢志摩の海を表現しているという。

 ロゴマークのデザイン案は、7月上旬から9月下旬の募集期間中、全国の小中高生、特別支援学校の児童生徒から7084作品の応募があった。クリエーティブディレクターの佐藤可士和(かしわ)さんを座長に、ファッションデザイナーのドン小西さんら9人の有識者らが6作品を推薦。最後は首相が採用作品を決定した。表彰式で、首相は「日本の美しい自然がシンプルに表現されている」と述べた。

参考 www.asahi.com